FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の中は・・・

カエルアンコウ2

うわ!

って感じのトップ画です~

正体はイロカエルアンコウのどアップです


バリ編をちと中断

毎日だんだんと寒くなってきましたね~

でもね、海の中は今がまさにベストシーズン

ドライスーツを着込んで潜ってきましたよ~

潜水地は三木浦

気温が高かったのでそれほど寒くはなかったかな

まあ、それでも水中での後半はやっぱり寒いけどね

水温は19.2℃でした

昔は全然ウエットで潜ってたけど・・・

今は絶対に無理!

年かね・・・

透明度はちと・・・って感じでしたが、それなりに楽しんできました

カエルアンコウ1

トップ画と同じイロカエルアンコウ

オオウミウマ2

こちらはオオウミウマ

けっこう大きな個体でしたね~

10㎝ぐらいはあるかな

越前でよく潜ってるせいか、ワタシはこの形がけっこう好き

顔をよ~く観察するとなんか愛着が湧いてくる

オオウミウマ1

ね、かわいいでしょ~

え?そーでもない?ああ、そうですか~

クエ

クダゴンベ

キッカミノ

あとはこんなんを観察してきました

クエ・クダゴンベ・キッカミノウミウシですね

他にもエビとか小さなハゼとかを紹介してくれましたが・・・

いかんせ小さなもんを撮るときは真剣味が全然ないのがワタシ

ろくな写真になってなかったね


三木浦の売りの1つが立派なソフトコーラル

この日はけっこう元気にピンピンしてましたね

ソフトコーラル2

ソフトコーラル

これからどんどんと寒くなってくるけど、どんどんと透明度も上がってくる季節

今年の冬は目いっぱい楽しまなければ~








スポンサーサイト

’10 バリダイビング ~3~

セラヤ1

ダイビング3日目~

この日のポイントはセラヤってとこです

初日のトランベンよりはちと近いけど・・・

それでも片道2時間・・・

この日も、もちろん爆睡の道中でございました

事前に聞いてたセラヤは・・・100%マクロ

そんな話を聞いてたもんで、この日はカメラを持参しませんでした~

ちなみに、2日目のヌサペニダは、か~ちゃんが持参せず

なんてガイド泣かせの夫婦なんでしょ

ワタシも担当のゲストがこんなんやったらかなり嫌やわ~


でもね、セラヤはワタシもけっこう楽しめた

ウミウシはそこかしこに居るし、でっかいし、ワタシでも余裕で見つけれます

エビ・カニもそこかしこに居るし、でっかいし、ワタシでも余裕で見つけれます

他にも色んなもんが居るし、コバンアジなんかの群れも居たし、何よりも大物も見ちゃったしね~

水深1mのところをGT(ロウニンアジね)が泳いでたし~

カメラ持ってくれば良かったとちと後悔

とにかく、今回の写真はすべてか~ちゃん撮影です

とりあえず写真をばーっとご紹介~

ちなみに「これの名前は?」などの質問は一切受け付けませんので

セラヤ2

セラヤ3

セラヤ4

セラヤ5

セラヤ6

セラヤ7

セラヤ8

セラヤ9

セラヤ10

マクロに限らず、バリの生物たちはなんかでかい気がしました

栄養が豊富なんかね~

それを1番思い知ったのが・・・

セラヤ フリソデ1

セラヤ フリソデ2

フリソデエビ~

分かりにくいですが、1番大きな個体は6~7㎝あった

今までにも何度か見てますが、「へぇ~、ここがこうなっとんや~」って感じが良く分かりましたよ


か~ちゃんはここが大のお気に入りになりました

確かにおもしろいとは思うけど、ここで2本はワタシ的にはちと辛い・・・

なんせ這いつくばってばかりのダイビングやからね~

マクロ好きにはたまらんのでしょうけど

バリのダイビングポイントは、そこそこ開拓されてて、それなりにダイバー向けの施設になってます

レストランがあったり、シャワーがあったり、更衣室があったりと

もちろん、そこはバリなんでそんなに立派なもんではないよ

レストランはオープンエアーやから、虫がブンブン飛んでます

まあこれは、バリの場合は街中でも一緒やけどね

シャワーっていうより打たせ湯?みたいな感じ

もちろんお湯なんか出ませんぜ

でもここにはそんなもんはほとんどなし

シャワーだけはあったけどね

ガイドのSHIZUKOさんも言ってましたが、ここはマニアックなダイバーしか来ないとこやって~

そうそう、ここでワタシは初めて見ましたよ

白人のダイバーが這いつくばってマクロ撮ってるのを

白人さんにもマクロ好きっているんや~

あいつらって、ミノカサゴとウツボだけ見せとけばええんやと思ってましたわ~

あっ、この発言に悪意はありませんのであしからず



3日間のダイビング

ホンマに楽しめました

バリの海にハマりましたね

また行きたいな~って思っとります

ってことは、きっとまた行くやろね

ダイビング編はこれでおしまい

あと少しだけバリ編は続きます~





’10 バリダイビング ~2~

ヌサペニダ1

バリダイビング2日目で~す

この日のポイントは、バリ島の南に位置するヌサペニダ

ちなみにこの日は、車で30分、ボートで1時間の移動

前日に比べると全然近い~

って言っても、1時間半の移動やけどね~

この日の目的は~、マンボウ&ドリフト~

唯一の完全ワイドな1日です


実はワタシも調べるまで知らなかったこと

それは、バリ島でのマンボウの遭遇率の高さ

って言っても、マンボウを狙うには時期がちょっと遅い

大体ですが、8~9月ごろが1番遭遇率が高いそうです

まあこれは知っていたのでマンボウ自体はあまり期待してませんでした

運が良ければってことで

で、1本目は一応マンボウねらいでクリスタル・ベイってポイントにエントリー

しばらくして根待ちです

・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

・・・すいません、飽きてきたんやけど~

はい、当然この時期には簡単には見れません

見事に撃沈

まあしょうがないよね


そうそう、マンボウを見るためにはちと注意点があります

マンボウはもともと、低い海水温を好みます

時期にマンボウが見れるのは、冷たい潮が上がってきて、それと一緒にマンボウもって感じで

そうです、マンボウが見れるときは海水温が低い時です

大体ですが、20℃前後やって・・・

今回は見れませんでしたが、正直なところ、ホッとしたのも半分

残念なのが半分って感じでしたね

だって、今回ワタシが着てるのは3mmのスーツ

時には20℃をきることもある水温には・・・絶対に無理

まあ1回ぐらいは見てみたいですが~

ヌサペニダ2

ヌサペニダ3

ヌサペニダ4

ヌサペニダ5

ここに限らず、ヌサペニダ周辺はサンゴが見事でしたよ~

それだけ栄養が豊富な海なんでしょうね


2本目にSDってとこに、3本目にPEDってとこにエントリーしました

この2本は・・・。

かっ飛びドリフト~♪

かなりの激流でのドリフトでした~

これがめちゃめちゃ楽しかったです

ただ、あまりに流れてるので写真なんか撮れませんでした・・・

ちと分かりにくいかもですが・・・動画で

[広告] VPS


分かります?

これ、一切フィンキックはしてません

とは言え、分かりにくいですよね~

次回はもっと分かりやすい動画にしなければ!

ってことで、ここもリベンジ決定です












’10 バリダイビング ~1~

姫路さんとギンガメアジ

いや~楽しかった

初めてのバリはめちゃ良かったよ~

あの独特の雰囲気はきっと意見が分かれるとは思うけど、ワタシはハマりそうですわ

サイパンやグアムといったリゾートとは全然違う雰囲気

まずご飯が美味しい

多少の辛さはあるけども、そんなん言うほどでもなかった

逆にピリカラ感がたまらんかったよ

街も独特の雰囲気でとても楽しい

あちこちにある寺院なんかがとってもいい雰囲気でしたよ

何より物価がめちゃ安い

今回1度だけでしたが、ショップのオーナー夫妻とご飯をご一緒させてもらう

ローカルレストランでの食事はめちゃめちゃ安い!

4人で呑んで、たらふく食べても1人あたり700円ぐらいでしたしね

タバコなんてマルボロが1箱70円ぐらいでしたよ


出発前に仕入れていった情報

主に治安について

ネット上にはびこる情報はけっこう色々とありましたが・・・

実際に行ってみての結論は、注意してれば全然平気!

1番驚いたのは、交通マナーについて

バリでは交通に関しての秩序なんてもんは存在せんのでは・・・?

とにかくぶっ飛ばす!

車もバイクもぶっ飛ばす!

そしてバイクの数のすごいこと~!

バリには制限速度がないんやって

やからぶっ飛ばす~!!!

おまけに優先順位は、①車②バイク③人

道路を渡ろうにもかなりの注意が必要でした

まず止まってなんかくれんからね

車で走行中も、バイクや人をすれすれで、ものすごいスピードで追い抜いていきます

最初は・・・かなり怖かったですよ

まあそれも最終日あたりにはすっかり慣れてましたが・・・

日本の交通マナーも世界に比べるとまだまだ

サイパンなんかでは絶対に人が優先

わざわざ車のほうが止まってくれるからね

そのへんはまだまだ発展途上の国って感じでしたね

まあバリについて語るほどのもんはないのでコチラをご参照を

バリとは~by Wikipedia


ではダイビングのお話

初日に潜ったのはバリ島の東部に位置するトランベン

ここは沈船で有名なポイントだそうです

そうそう、バリのダイビングに関して知らなかったこと

それは、ポイントまでの移動時間・・・

バリ島でのダイビングは基本的に移動に時間がかかります

ここトランベンまでは、片道2時間半~3時間・・・

これは知らなかったからホンマに驚いたよ

ショップツアーかよ!?って感じでしょ~

だから朝の集合時間もめちゃめちゃ早いですよ~

この日の集合時間は・・・6時50分

まあ道中になんぼでも寝れるけどね

帰りは100%の確率で爆睡でした!

トランバン

こぶし大の石がごろごろしてて、少しだけエントリーしにくいポイントです

ここに沈んでるのがリバティ号っていう船

まあ65年ぐらい(だったかな?)前に沈んでるので原型はほぼありません

全長が120m

この周りを潜ります

時期的なもんかもしれませんが、バリの海は透明度はあまり期待できません

でも、そのかわり生物の豊富さといったらすごかったですよ~

しかも個体の大きさがいちいちでかい!

そうそう、今回はニュー器材での初めての撮影

・・・かなり苦労しました

デジイチってなんて難しいのでしょ

大した写真にはなってませんが、とにかく練習で撮りまくりました~

浅場

ツバメ

コショウ

顔こわい

ゴマモン

ヤッコエイ

このヤッコエイがバリの海にはかなり居ます

どこでも見たような気がする

機関室より

これは機関室だったかな?

ところどころ中に入れます

ゼブラ

ブラックガーデンイール

分かりにくいですがこれはブラックガーデンイール

こいつらはワタシのツボに入りました~

何がって・・・、こいつら出すぎなんですよ~

1mぐらいは体を出してました

こんなに出てるガーデンイールは初めて見たよ

ナシゴレン&ミゴレン

お昼に食べた「ナシゴレン&ミゴレン」

この旅では何度も食べたナシゴレン

あっ、ちなみに左がナシゴレンね

ナシゴレンは言ってしまえば焼き飯

ミゴレンは焼きそばですね

元々、焼き飯や炒飯が大好きなワタシ

行く前から気になってしょうがなかったのよね~

何度も食べたけど、出す店で味が全然違うのでさほど飽きませんでしたよ

ハナビラ

南国の海なんでクマノミなんかも当たり前に居ます

そうそう、ここに限らず、ハゼ系が結構居ますよ

ニチリン

すごい浅いとこに居たニチリンダテハゼ

ワタシのイメージでは深場におるイメージやったんですが~

ヒレナガ

初見でしたね~ヒレナガネジリンボウ

まさかバリで見れるとは


そうそう、ここの売りの1つがギンガメの群れ

1本目は3~4匹がサァーってしか見れませんでしたが・・・

2本目の終わりにその時がやってきた~

まずは遠いので動画から入っとくか!

[広告] VPS


よ~しよし、かなり近づいてきたぞ~

お~!トルネードが始まってる~

さあ!写真を撮りまくるか!!!

・・・賢明な人ならお気づきですね

ここまでのフリを出されると・・・

はい、このタイミングでまさかの電池切れ~!!!

・・・なんでやねん

しゃーないので、か~ちゃんに「撮れ」のサイン

ギンガメ

・・・近っ!!

そうやったあれはマクロレンズやった・・・

これはこれですごい写真やけど・・・

群れ群れの感じが全然ないやん!

で、以下とトップ画をショップより頂きました

ブログ11Nov10ギンガメ群れ

姫路夫妻とギンガメアジ

いいね~何度見てもいいね~

ワタシはギンガメの群れは大好きです

しか~し、はっきり言ってワイドはこれだけ・・・

基本的にマクロなポイントですね~

・・・か~ちゃん向きなポイントなわけで

しかもこの日のガイドのSHIZUKOさんもマクロ好きで・・・

か~&SHIZUKO

アレッサイパントカトオナジニオイガスルヨ・・・

まあ、まだまだダイビングは始まったばかりさぁ~



今回利用したのはもぐりんど・ダイバーズさん

バリに住んでうん十年のSHINOBUさん&SHIZUKOさんのご夫婦のショップです

海の事に限らず、陸上でのことも色々と教えてもらいました

とっても良いショップですよ

バリダイビングの際にはぜひとも「もぐりんど」へ~

(SHIZUKOさん、こんなとこでOKですかな?)










帰国!

今日、無事にバリより帰ってきました~

初めてのバリは・・・

海も街もめちゃめちゃ楽しかったです

初めてのアジア圏への旅行

不安も最初はありましたが、行ってみるとそんなんどこ吹く風

かなりお気に入りの場所になりました~


写真は山のように撮影したんで整理に時間が・・・

少しずつUPしていきたいと思います

バリ・・・かなりいいっすよ




いよいよ♪

明日、バリに出発で~す

いや~楽しみだ

直前になって火山やらの問題もあってヒヤヒヤもんでしたよ

まあ、かなりの方が被害に遭われてるみたいなんで手放しで喜ぶ内容ではないけど


初めての海はどんなかな~?

時期ではないので期待はしてませんが、会えるといいな~

マンボウ君に

とにもかくにも明日です

さ~てと、荷造り始めますか

それでは行ってきま~す





ニューウエポン!?




この夏、頑張ったご褒美にこんなん買いました

ルミックス

LUMIX GF-1です

マイクロとはいえ、一眼ですよ~

うちのか~ちゃんのや、色んな人の一眼を見てると欲しくなっちゃって~

お安くはないので散々迷いましたけどね・・・


ホンマはオリンパスの PEN Lite E-PL1 にしようと思ってました

しかしながら、実際に家電量販店で触ってみるとLUMIXの方が断然いいんです

細かいとこは言いませんが、とにかくワタシにとってはこっちの方が使いやすかった

でもね、LUMIXにするには1つだけ大きな問題が・・・

そもそも、PEN Liteにしようと思ったんがハウジングの値段

定価でも¥70,000ぐらい

さすがはオリンパスってとこですね

今まで、一眼に踏み切れなかった最大の理由

それはやっぱりハウジングの高さでしょう

ハウジングだけで¥300,000ぐらいなんてザラな話

そんなに出せるか~(今でも思ってますが)

その点、PEN Liteやったら込み込みでもそんなにしません

だからこれに~って思ってたんやけど・・・

ワタシはLUMIXに一目惚れしてしまった

悩んだよ~とってもね

LUMIXは純正のハウジングは出ておりません

ってことは、他メーカーが出してる中から選ぶしかない

で、色々と悩んだ結果、Seatool製に決めました

あとは・・・やはりそのお値段

PEN Liteに比べると3倍は違う・・・

う~ん、どうする・・・
















ハウジング1

買っちゃった♪

正確には我が家に買ってもらった

か~ちゃんにめちゃめちゃお願いしましたよ~

届いてまずはその大きさにびっくり

一眼ってめちゃでかいイメージでしたが、これはかなり小さい!

まあカメラ自体も小さいので当たり前やけどね

一眼のハウジングにストロボを2灯付けて・・・ってのを見たことあると思います

あれのイメージからしたら全然小さいですよ

(ちなみにワタシの身内の間では、あのセットのことをタカアシガニと呼んでます)

この大きさなら今まで使ってたコンデジの大きさと変わらんではないか

ハウジング2

これが今まで使ってたハウジング

まあ、これはコンデジにしたらかなり大きいのですけどね・・・

で、比較してみた

ハウジング3

・・・コンデジから一眼に変えたのに、むしろ小さくなった

びっくりでしたよ



さあこれで後には引けません

カメラのせいに出来なくなったね~

これからもさらにさらに水中写真を楽しみます

手始めにバリでデビューですな

・・・使い方をしっかりとマスターしなければ








AquariumClock 2

プロフィール

と~ちゃん

  • Author:と~ちゃん
  • ダイビングがとにかく好き♪
    最近は窒素をたまに吸わないと落ち着かなくなった・・・
    とりあえずは目差せ1000本!でこれからも潜り続けます♪
    本業は杜氏をやってます。酒造りのエキスパート目指して日々精進中です。すべてはお客様の「美味い!」のために~♪
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
AquariumClock 2
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
AquariumClock 2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。